2014年10月03日

エレキバイオリンEV-202とKORGのPANDORA PX5D

そう、あれは雨の日、イオンモールに行った日だった。

イオンラウンジで無料のコーヒー飲んで、パソコンを使用するために席を移動していたら、

すべてかたずけられてしまった。傘も忘れ物として持ってかれてしまった。

もう壊れている傘なので、そのまま出て帰ろうとして外に出たら、また雨が降ってきた。

イオンモールの中にダイソーがあったはずなので傘を買うためにもう一度イオンモールに入った。

そしてダイソーに行く途中に楽器屋さんを見つけた。そうそうここにあったのか。

ここの楽器屋さんにも、エレキバイオリンのEV-202が店頭販売されていた。店頭販売するぐらいだから、

EV-202は変な楽器ではないんだろう。

エフェクターを色々見ていたら、ワゴンセールのコーナーで見つけてしまった。

ギターのマルチエフェクターのKORGのPANDORA PX5Dが新品で5000円の値札がつけられて2つ置いてあったのだ。

これって、確かに古いモデルだけど、アマゾンとかだと中古でも2万円くらいで売っているのだ。

アメリカのアマゾンでもまだ新品が販売されているものだし。

さらに、偶然にもJCBのギフト券を持っていたので、JCBのギフト券で購入できた。オーナーズカードの割引はできないみたいだ。

ほんと、勝手に人の傘を忘れ物扱いして持っていってしまった、非道なラウンジのスタッフに感謝した。

エレキバイオリンEV-202とKORGのPANDORA PX5Dの組み合わせはどうなのかというと、いい感じだ。

プリセットもたくさんあるので、楽しめるが、アコースティック系ならバイオリンの音だ。

歪み系だと、エレキギターみたいな音になるし、FX系だともうまったくバイオリンとは思えない。

オクターブのだと二本で弾いてるみたいだ。おもしろいが、操作に慣れるには時間がかかりそうだ。

コンパクトだからバイオリン本体に取り付けられるといいんだけど、なにかでボディーの裏に留めるとできるかな。

エフェクトによっては左指で弦を押さえるときの音も拾ってしまうというか増幅してしまうものがあるので、 注意が必要かな。

ボディを叩くと音がするので、パーカッション的に使えることもできる気がする。結構いろいろ楽しめるのは確かだ。

パソコンとUSBでつなげてオーディオインターフェイスになるようだがまだ試していない。

内臓のプリセットリズムパターンやソングデータを鳴らすとバイオリンの音が小さくなるのでこの辺の調整もややこしいところがある。

リズムパターンの音を小さくしないといけないけど、それでもバイオリンの音が小さく感じる。

コンパクトだからバイオリンのケースにも一緒に収納できそうだね。

posted by エレキバイオリン好き at 13:01| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: